Calender
 


 Profile

 Mail
 

 
 後援会

コンセル・アベイユ

 Category

 

 Archives

 Comment



  Latest entry

  Links

 Mobile



 Search

  入会案内
  


    click here▼ concert pierre     click here▼ cosi fan tutte    
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
♪ - | - | - ♪
泣いた赤鬼
 
 

おはようございます。

今日の福岡の最高気温は9度、最低気温は3度。

 

ぴりっとくる寒さの朝の福岡です。

 

みなさまのお住まいのお天気はいかかですか?

 

立春も過ぎ、春の訪れが待ち遠しいですね。

 

さて、前回のブログでもお知らせさせて頂きました

「子どものためのオペラとコーラス」。

 

第一部の「泣いた赤鬼」。

あらすじを読んだだけで涙が・・・と

ご案内させて頂きましたが、「あらすじ」覚えていらっしゃいますか?

 

この作品は現在でも

幼稚園のお遊戯会や小学校の道徳の授業、

日本語教室の題材として取り上げられることも。

 

欲しかった人間のおともだちができたかわりに

赤鬼さんが失ったものは・・・。

 

青鬼さんがお手紙を残した時の気持ちは。

 

また、人間が「鬼」という異形に感じていた

「畏怖敬遠」「差別」という気持ち。

 

学ぶこと、考えさせられることが多いんですね。

 

今回もこの、ストーリーをメロディ、歌にのせ

皆様にお届け致します。

 

目で見て、耳で聞き、何かを感じて下さい。


       


   

     
       
     

    2012年3月24日(土)

     
     14時開場/15時開演

     
     キャナルシティ劇場

     
     キャナルシティ博多4F

     

           (福岡市博多区住吉1−2−1)

皆さまのご来場、心よりお待ち申し上げております。

 

公演情報 | comments(0) | - ♪
あけましておめでとうございます



あけましておめでとうございます。

 

昨年中も、本当にありがとうございました。

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

今年もみなさまのかたわらにそっと

 

オペラを♪

 

 

 

できればかたわらではなく

 

「オペラ中心の麗しく素敵な人生♪」というのが

 

私どもの壮大な希望でございます。

 

 

 

さて、2月に入っての新年のご挨拶。

 

「何を今頃」と思われた皆様、

 

誠に申し訳ございません。

 

ついつい、忙しさに負けてブログの

 

更新を怠ってしまいました。

 

 

 

何がそんなに忙しかったのだ?!と?

 

今、思われました?

 

 

 

「これだな」と西日本新聞をご覧になった

 

方はもう気が付かれたかもしれません。

 

 

 

子供たちが、私たちの練習場所へ

「記者」という形で
インタビューあり

練習参加ありのとても


楽しい記事になっております。

 

 

 

2月5日(日)の西日本新聞に

大きく載っておりますので是非

 

ご確認を♪

 

 

 

 

「泣いた赤鬼」については、もう詳しくは

 

語りません。

 

泣きます。

 

あらすじを読んだだけで

鼻の奥がツーンときた皆様。

 

 

 

そうです!その感受性をこれからの子供たちに♪

 

 

 

モノや情報がひょっとすると

多すぎるのではないかと

 

思われるこんな時代。

 

 

 

コンクリートのわれ目から

顔を出している小さな花の


けなげさと力強さ。

自転車を乗った時に感じる

頬にあたる風の
湿り具合やにおいで

季節の移ろいを感じられた時代。

 

 

 

いえいえ、時代のせいにしてはいけません。

 

 

 

人にもモノにもそして音にも

感じる気持ちを大切に大切に

 

育てていきましょう。

 

そして大人だって、もっともっと感動したい!!

 

 

 

お申込みはFAX、はがき

西日本シティ銀行で承っております。

 

毎年、満員御礼の祭典でございます。

 

 

今年も西日本オペラ協会。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

公演情報 | comments(0) | - ♪
 50周年記念公演「フィガロの結婚」   合唱団員 二次募集
 西日本オペラ協会「コンセル・ピエール」

50周年記念公演

歌劇『フィガロの結婚』 


合唱団員募集(二次)

 

 西日本オペラ協会は、来年度 創立50周年を迎え、平成24年11月29日()にアクロス福岡シンフォニーホールで モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」全幕を上演します。


 本公演では、日本を代表する演出家である松本重孝先生、指揮者に奥村哲也先生をお迎えします。


 オペラにおいて合唱団は、舞台をしっかりと支え、華やかに盛り上げる重要な役目です。福岡の地に根ざして半世紀を迎える節目の公演「フィガロの結婚」の本格的な舞台を一緒に作り上げませんか?

 

(お問い合わせ・申込先)

担当:江越 849-1311 佐賀県鹿島市高津原4425−10 

E-mailmasayoshiegoshi@yahoo.co.jp

TEL:090-5290-1495        FAX0954-69-8163 


【オーディション実施要項】

日時,場所:追って連絡いたします。


募集対象:テノール・バス/各5名程度


オーディション費用:無料   合唱団参加費:3000円


交通費補助:S席チケット2枚差し上げます。


審査:奥村哲也(指揮者)、松本重孝(演出家)、

      西日本オペラ協会理事


【オーディション課題曲】

W.A.Morzart 歌劇「フィガロの結婚」より

 No.8 合唱“Giovani liete fiori spargete””

 (ベーレンライター版 103〜105 ページ

 又はペータース版66 〜 67ページ)

  

※楽譜をお持ちでない方は、ご相談ください

 

合唱団に参加される方は、練習、音楽・演習稽古にも参加いただきます。


また、本番前10日程度は、総練習、オケ合わせ、G.P.などに必ず参加いただきます。


申込締切り       平成23年12月 31日

歌劇『フィガロの結婚』  平成24年11月29日()
  アクロス福岡シンフォニーホール

主催:西日本オペラ協会「コンセル・ピエール」、

福岡県、福岡市、(財)アクロス福岡、(財)福岡市文化芸術振興財団


続きを読む >>
公演情報 | comments(0) | - ♪
西日本オペラ協会23年度公演

 

 





お問合せ 西日本オペラ協会事務局 092−801−7511




公演情報 | comments(0) | - ♪
キャストのお知らせ
 

アクロス・ちびっこコンサート こどものためのオペラ

オペラ 日本昔ばなしより 「花咲かじいさん」


の公演までいよいよあと1週間となりました


暑い日が続いていますが、良い子のみなさんは
夏バテなどとは無縁でしょうね

本日はキャストをお知らせいたします

皆さまとお会いできるのをキャスト一同楽しみにしております


 キャスト 


よいじいさん     久世 安俊

よいばあさん    大宝 祐子

わるいじいさん   嶌 研一朗

殿様        江越 正嘉

家来        上田 浩平  桑原 有輝

綺麗どころ     林 麻耶  辺春 容子  安光 桃子

ポチ        永渕 くにか




By N
公演情報 | comments(0) | - ♪
アクロスちびっこコンサート 花咲かじいさん

 

 

 

 






公演情報 | comments(0) | - ♪
今年もやって来る!!

アクロス・ちびっこコンサート こどものためのオペラ

が今年の夏もやってきます

なんと今年で3回目を迎えます
これもひとえに皆様のお蔭と協会一同大変有難く思っております


今年の演目は昨年まで好評をいただいた「泣いた赤鬼」に代わり

オペラ日本昔ばなしより 「花咲かじいさん」
               
台本・作曲:松井和彦


を公演いたします
夏休みの一日、ぜひご家族でお出かけください


2011年8月7日(日) 

2回公演   1回目 11:00 開演
        2回目 14:00 開演

会場    アクロス福岡イベントホール(B2F)

入場料   (全席自由) ※2才以下無料
        
        こども(3才〜小学生まで) 500円
        
        大人(中学生以上)     1500円

[指揮]   金井 誠

[演出]   唐谷裕子

[打楽器]   岩雅子・小野香織

[出演]   西日本オペラ協会[コンセル・ピエール]

チラシを掲載し、キャストを近々お知らせいたします

お楽しみに
公演情報 | comments(0) | - ♪
「ヘンゼルとグレーテル」 再来!




  オペラ「ヘンゼルとグレーテル」
       2011年2月27日(日)
            開演14:00 (会場13:30)

      於 こっぽーっとホール(大木町総合体育館内)

                全席自由
                一般 1,000円
                こども  500円(中学生まで)

       演出     唐谷 裕子

       出演     ペーター(父親) 久世安俊
               ゲルトルート(母親) 大宝祐子
               ヘンゼル     辺春容子
               グレーテル    林 麻耶
               魔女        上野あきほ
               眠りの精     久保絢子
               露の精      永渕くにか

       ピアノ    大城 綾子
               幸田 裕子

………………………………………………………………………………………
あの大人気オペラ「ヘンゼルとグレーテル」の再演が決まりました!

いたずらしてお母さんに叱られて、森に野イチゴを摘みに出かけたヘンゼルとグレーテル兄妹。
しかし、2人はイチゴ摘みに夢中になって森で迷子になってしまいます。
2人の前に現れたのは、森の精たち。
そしてお菓子の家に住む魔女…
2人の運命やいかに!

世界中で愛されているあのグリム童話をオペラでお楽しみください♪


大木町にお住まいのみなさん、またお近くにお住まいのみなさんも是非どんどんお越しくださいね。










公演情報 | comments(0) | - ♪
愛妙 演出みどころについて
 本日は、公演まであと10日ほどに迫った
10月1日公演のオペラ「愛の妙薬」について、
演出を手掛ける松本重孝氏の「演出ポイント」
このブログをご覧の皆さまだけに特別に
少しご紹介したいと思います

本日は、主人公の二人、アディーナとネモリーノの
「目からうろこ」のキャラクター設定について

よくあるポピュラーな「愛の妙薬」のアディーナとネモリーノの
キャラクター設定と言えば

・アディーナ ⇒ 村一番のお金持ちの娘。
         ちょっと高慢だけど賢くて村一番の美人。
         ネモリーノのことを嫌いなわけじゃないけど〜
         気が弱いしちょっと頼りないかも…と思っている。

・ネモリーノ ⇒  純朴な青年。
         お金持ちじゃない。
         ちょっとおバカキャラ。
         気が弱くて、アディーナを好きだけどなかなか
         相手にしてもらえない。
         いわゆる今でいう「負け組」の男。

というのがよくあるパターンだと思うのですが…

松本重孝氏演出は目からうろこなポイントが盛りだくさんです

まず、アディーナは…

村一番のお金持ちの娘…なのですが…
結構若い年齢(10代)設定で演じられることが圧倒的に多いと思うのですが

〜  びっくりポイントその1  〜
 アディーナの年齢設定 

アディーナちゃんの年齢設定はなんと「婚期ギリギリ」の30歳  
です(笑)

実際においても昔は10代で結婚するのが当然だったように
近現代のオペラでもない限り、ほとんどのオペラのヒロインの年齢設定は
10代〜20代前半であることが大多数です。

この時代の30歳と言ったら…今で言ったら40近く?!
とまではいかないかもしれませんが、かなり珍しく、
そして数あるオペラの中でも、かなり高年齢なヒロインであることは、
見逃せないポイントです


〜  びっくりポイントその2  〜
 アディーナという女性のキャラクター設定 

アディーナちゃんは、一般的にも「美人だけどちょっと気が強い女の子」
という性格で描かれることは多いですが、今回のアディーナの性格は
そんなものではおさまりません

テーマは「かなり腹黒い女」とでもいえばふさわしいでしょうか(笑)

まず、アディーナは村一番のお金持ちの娘(一人娘)です。
ということは、「お家」を、「家柄」を守らなければいけないという
お金持ちの娘ならではの使命というかプレッシャーがあるのです。

「家」を守るためには、自分と身分相応の婿を取らなければなりません。

それで行き遅れたというのもあるのかも…
とにかく、アディーナは早く自分に相応しい男性と結婚したいと
焦っているのです

そこで、アディーナはどうしたか…

なんとこのオペラが始まる前の段階で、村に住む男性全員の
身辺調査をしたんだそうです

そして…その身辺調査の結果…

ネモリーノには隣町に住む大金持ちのおじさんがいて、
ネモリーノがその遺産を譲り受けられる資格があることを知り、
村で唯一自分にふさわしい男性は彼しかいないとアディーナは
調べ上げたのだそうです
しかも、そのおじさんが病気でそろそろ危ないということまで
調べ上げているとか…

それで、アディーナはこの村で自分にふさわしいのは
ネモリーノしかいない、
「ネモリーノと結婚する」というか、
「家を守るために何が何でもネモリーノと結婚する」
と秘かに心を決めているのです。

でも、その理由は…?
彼がお金持ちだから!というか大金持ちのおじさんから
遺産を譲り受けられるから!

だから、まずはネモリーノがおじさんの遺産をきちんと譲り受けないと
「ただのネモリーノ」ではダメなのです。
「遺産を譲り受けてお金持ちになったネモリーノ」でないと。

とにかく、アディーナは家を守るために婿を取ることに必死

こんなアディーナ像、今まであったでしょうか…
アディーナってちょっと気は強いけど頭がよくて美人で…
ってそんなキャラじゃなかったの〜

…と最初キャストもまさに目が点・・・でした(笑)



行き遅れアディーナの焦りが如実に表れるシーンが
1幕のアディーナとネモリーノの最初のデュエット
♪ 「そよ風に聞いてごらんなさい」 のシーンです

一生懸命想いを伝えようとするネモリーノに、アディーナは
「『惚れた』の『腫れた』だの言ってる場合じゃないでしょ?
とにかくあなたはおじさんのところに行かないと。
遺産を他の誰かに相続されたらどうするの」と一生懸命

私は気まぐれだし…とネモリーノを突き放しておじさんのところへ
行かせようと一生懸命なアディーナに、ネモリーノはまっすぐに
「『愛』が一番大事なんだ!この気持ちは止められないよ!」
とアディーナのメロディーラインをそのままそっくり
引き継いで即座に切り返します。

ここでまたひとつ、
大事なポイント

〜  びっくりポイントその3  〜
 ネモリーノはおバカではなくとても賢い人間である 

先にご紹介した二重唱のシーンを見てわかるように、村一番の才女と
言われるアディーナの言うことに対し、「君はそういうけどね」と即座に
同じメロディーで切り返せるのは、ネモリーノは文字こそ読めないかも
しれないが、真の意味で頭の良い人であることを表しているシーンとも
言えるのです。

さぁ、このアディーナとネモリーノの最初の二重唱
ますます皆さん楽しみになってきたでしょ?
お楽しみに


さぁ、こんな行き遅れの30女アディーナですが、物語も進み
自分だけを一生懸命追いかけていたネモリーノが他の女性に向かう姿を見て
一気に焦り、取り乱します。

それが「嫉妬」という気持ちであることもわからず
ただただイラつき、怒りを露わにし、取り乱すアディーナ。

それを見ていたドゥルカマーラおじさんに
「その顔。あんた恋してるんだよ。」と諭され
そこで初めて自分の気持ちに気がつきます。

自分の愛を勝ち取るために、そのために偽ワインである「愛の妙薬」
を買うために、兵隊に入る契約までしたネモリーノの「純粋な愛」に
心を打たれるアディーナ。

(※この時代の「兵隊」に入るというのは太平洋戦争のときの「赤紙」
と一緒で明日には命がないというような重いことなのです。)

そこから、一気にアディーナの中で何かが崩れ、
「私は彼を愛している!お金も家もどうでもいい!彼さえいてくれれば!」
と「腹グロ、行き遅れ、プライドの塊の女」からネモリーノを純粋に思う
純粋無垢な少女のように、アディーナの中で色々なものが
そぎ落とされていきます。

そのシーンがドゥルカマーラとの二重唱♪「何という愛!」です。

この二重唱で、精神的には30歳から一気に10代まで若返り…
「純粋無垢にネモリーノを想う女」へと脱皮したアディーナが
ネモリーノにドキドキしながら体当たり告白をするアリア
♪「受け取って」のシーンにつながるということなのです。

このときのアディーナは、1幕でネモリーノがそうであったように
「目が合うと、近づくと、ドキドキして目も見れない」というような
なんだか小学校の頃の初恋を思わせるような状態。

さぁ、二人はハッピーエンドを迎えられるのでしょうか…?

オペラ自体はブッファ(コメディー)なので、とても楽しく
笑えるシーン満載ですが、その中で永遠の恋愛におけるテーマ
「真実の愛とは?」かというようなものも隠されています。

普通、オペラのヒロインというものは全編通して成長していくことが
ほとんどなのですが…このオペラの場合はもちろんアディーナは
人間として、女として真の意味では成長してはいきますが、
ある意味逆行型(どんどん若返る)ヒロインと言える珍しい作品
と言えるでしょう

さぁ、ちょっとこんなことも踏まえてからオペラを見ていただくと
より一層深く、「愛妙」ワールドにどっぶりはまって
お楽しみいただけるのではないかと思います




公演情報 | comments(0) | - ♪
今年の夏も「赤鬼」がやってくる♪



  アクロスちびっこコンサート2010 こどものためのオペラ
               
              「泣いた赤鬼」



昨年大好評を博したオペラ「泣いた赤鬼」
お陰様で今年、なんと再演が決定いたしました

昨年、アクロス円形ホールでの公演の際はあっという間に
チケットが完売してしまい、たくさんのお客様をお断りするという
有難いやら、申し訳ないやらということがありました

そんなみなさま!!
朗報です

今年はアクロス福岡イベントホールにて!!

 2010年8月11日(水) 

指揮:永野哲

演出:唐谷裕子

特別出演:柴山昌宣

ピアノ:大森美樹 山本佳代子
打楽器:大場章裕

●1回目 11時開演

赤鬼:新開泉歌
青鬼:柴山昌宣(客演)

むすめ:永渕くにか
女房:大宝祐子
百姓:上田浩平
木こり:久世安俊

ナレーター:久保絢子
鳥使い:古森夏来

●2回目 14時開演

赤鬼:辺春容子
青鬼:柴山昌宣(客演)

むすめ:永渕くにか
女房:大宝祐子
百姓:上田浩平
木こり:久世安俊

ナレーター:久保絢子
鳥使い:古森夏来

入場料(全席自由):子ども(3才〜小学生まで)500円
             一般(中学生以上)1,500円

アクロスちびっこコンサート2010
昨年よりも更にバージョンアップした舞台をお届けできるように
協会一同頑張ってまいります

今年もたくさんの皆さまとお会いできるのを楽しみにしております

問い合わせ先:アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
公演情報 | comments(3) | - ♪